Google
文字のサイズ
小
中
大

水俣−患者さんとその世界−<2時間版>

苦海浄土の世界
――水俣病患者、家族の日々を克明に記録した傑作

作品写真
商品名 金額(税込) 購入数

DVD:個人

5,184 円

※2,000円以上ご注文いただいた場合、送料は当社の負担とさせていただきます。

※下記商品についてはお問い合せください。
16ミリプリント販売: 540,000円
ビデオ(英語版):個人 9,000円
ビデオ:ライブラリー 30,000円
ビデオ(英語版):ライブラリー 30,000円
DVD:ライブラリー 35,000円(税別)

※購入数を選択してください

上映申込

上映用のメディアの貸出も行っています。

16・35ミリプリント貸出:30,000円【完全版】(35ミリあり)
30,000円【2時間版】

東プロダクション
1971
2時間

製作:東プロダクション
監督:土本典昭
製作:高木隆太郎
撮影:大津幸四郎
録音:久保田幸雄/浅沼幸一

  • 1973年度(第1回)世界環境映画祭グランプリ/マンハイム映画祭デュキャット賞
  • 1972年度ベルン映画祭銀賞/ロカルノ映画祭第3位/優秀映画鑑賞会年間第3位

水俣病とは

 水俣病。今から約35年前(1956年当時)、奇病といわれ、伝染病か中毒かもわからなかった。不知火海に36年間にわたり、チッソが流してきた有機水銀が水俣病の原因と公式発表されるまでに13年を要した。その間、チッソはまったく研究に協力しないばかりか、さまざまな原因説を発表あるいは支持し、原因究明をひきのばした。公式発表後も依然として責任を認めなかった。患者とその肉親たちは自らをむち打って裁判に、デモに立ち上がらざるをえなかった。

広がる支援の輪

 この映画は1969年、チッソを相手に裁判を起こした29世帯を中心に、潜在患者の発掘の過程を描いている。カメラは鹿児島県出水市の夫婦船の描写から始まる。肉親の記憶にのみ残された事実から水俣病患者の実態が明らかにされる。しかし、水俣は“チッソ城下町”。患者さんは孤立を強いられる。厚生省への救済申立も一喝される。
 裁判を契機に熊本県にようやく発した告発運動が全国に支援の輪をひろげていく。患者自身による裁判闘争へのカンパ活動、訴え、一株運動、そして大阪でのチッソ株主総会での患者と社長の対話へと運動はもりあがる。

水俣病に取り組む第一歩

 さいごにカメラは胎児性患者に向けられる。病院には半ば見捨てられるが、家族に見守られ、輝くばかりの人間の営みがフィルムにとどめられている。
 この映画の撮影当時、患者総数121人でしかなかったが、撮影の結果、約1万5000人の申請者の発現につながった。この映画が運動の歩み出しとしての記録になっている。また、監督土本典昭にとって、水俣病への本格的取り組みの第一歩となった作品でもある。