Google
文字のサイズ
小
中
大

無辜なる海 −1982年 水俣−

IF<INDEPENDENT FILMS>DVDシリーズ2 公害の原点・水俣から学ぶ Vol.13

作品写真
商品名 金額(税込) 購入数

DVD:個人

5,184 円

※2,000円以上ご注文いただいた場合、送料は当社の負担とさせていただきます。

※下記商品についてはお問い合せください。
DVD:ライブラリー 35,000円(税別)

※購入数を選択してください

フィルム工房
1983
81分

製作:フィルム工房
監督:香取直孝
製作:フィルム工房 香取直孝、小林洋一郎、小町誠一、佐藤真、白木芳弘、隅本彰一、樋口司朗、山本一郎
撮影:樋口司朗
音楽:杉田一夫
編集:掛須秀一
ネガ編集:松村正宏、中葉由美子
整音:提 幹夫
題字:砂田 明
イラスト:長尾 仁、山本道子
タイトル撮影:長谷川 肇、野村 隆、スタジオ・ギャロップ
写真提供:鬼塚 巌、桑原史成、塩田武史
資料提供:実川悠太

  • 優秀映画鑑賞会推薦
  • 熊本映画祭最優秀スタッフ賞

すべては、チッソ水俣工場のタレ流した有機水銀に始まる。

不知火海にも、この海と共に暮らす人々にも、これほどまでに破壊されねばならぬ因果も理由も何もない。無辜(何のつみもない)の民、無辜なる海が、いまだ消えぬ毒に侵され続けている。
不知火海に無数に浮かぶ天草の島々、漁業ひとすじで暮らしをたてている人々、それ故に汚染から逃れることはできない。その島々の一つ、御所浦町・横浦島。この島に住む岩本さん一家は、もう長い間水俣病特有の症状を訴えていたが、申請は親子三人とも1978年ときわめて遅く、娘の真美さんは生れた時から寝たきりの子である。母マリ子さんは、真美さんに付きっきりのため、父文則さんは一人でできる一本釣りに仕事を変え、月に2回は遠く上天草の病院まで舟で通院する日々である。
この映画を撮る青年たちは、カメラを回しながら映画を発見してゆくようなみずみずしさがあふれている。描かれているのは、副題が示すごとく有機水銀に侵された人々の困難な生活ぶりなのだが、なぜいま水俣なのかと問う者に、映画は、水俣に終わりがないと直截に語りかけている。
水俣病の実態をめぐっては、すでに土本典昭の『不知火海』をはじめとする一連の優れた作品が70年代に撮られているが、『無辜なる海』の特質は、先輩の映画人たちの姿勢を継承しながらも、80年代にふさわしい日常性の鏡に公害問題を反映させ、その重大さを、ゆるやかな時間の移動とともに、じっと見すえた点である。その結果、見ているわれわれ自身が、被写体となった水俣の人びとの瞳によって見つめ返されているような緊張感が漂っている。
(『無辜なる海』上映用チラシ〈読売新聞より抜粋1983年11月14日〉)