Google
文字のサイズ
小
中
大

監督―佐藤 真

作品写真

「佐藤真 映画の仕事」 DVD-BOX

監督:佐藤真
シグロ/ / 

2007年に亡くなったドキュメンタリー作家佐藤真の映画作品を収録する完全保存版。このたび初めてDVD化する5作品と、私家版フィルム2作品他を収録する特典ディスク、さらに作品解説ブック(144頁)を特製ボックス入りで発売。

作品写真

保育園の日曜日/女神様からの手紙/佐藤真の言葉

監督:佐藤真
カサマフィルムほか/1997、1999、2008/20分、30分、約30分

私家版の8ミリフィルムをはじめてビデオ化。フィルムの持ち味を生かした遊び心あふれる2作品を紹介する。佐藤真監督の言葉と業績をたどる映像解説を同時収録。

作品写真

阿賀の記憶

監督:佐藤真
カサマフィルム/2004/55分

『阿賀に生きる』から10年。かつて映画に登場した人々や土地に再びカメラを向け、記憶と痕跡に向き合い、過去と現在を繊細かつ大胆に見つめた詩的ドキュメンタリー。

作品写真

SELF AND OTHERS

監督:佐藤真
ユーロスペース/2000/53分

1983年、36歳で夭逝した写真家、牛腸茂雄。残された写真、草稿や手紙、肉声をコラージュし、写真家の評伝でも作家論でもない新しい映像のイメージを提示する。

作品写真

エドワード・サイード OUT OF PLACE

監督:佐藤真
シグロ/2005/2時間17分

2003年9月、パレスチナ出身の世界的知識人、エドワード・サイードが亡くなった。世界の核心に迫ろうとしていたサイードの、精神の在り処を求めて映画の旅が始まった。シリア、レバノン、エジプト、イスラエル、パレスチナそしてニューヨーク…。最後に辿り着いたのはOUT OF PLACEという地平だった。

作品写真

中東レポート=アラブの人々から見た自衛隊イラク派兵

監督:佐藤真
シグロ/2004/43分

2004年3月、中東の知識人や文化人、難民キャンプに生活するパレスチナの人々から集めた日本の自衛隊イラク派兵についてのインタビュー作品。

作品写真

花子

監督:佐藤真
シグロ/2001/1時間00分

京都府の南端、大山崎町に暮らす今村花子は、夕食の残り物を素材に「たべものアート」を作る。花子と彼女を取り巻く家族の物語。

作品写真

まひるのほし

監督:佐藤真
「まひるのほし」製作委員会/1998/1時間33分

神戸・すずかけ作業所、平塚・工房絵、信楽・信楽青年寮で、知的障害者と呼ばれる人たちのアート活動を通 し、「阿賀に生きる」の佐藤真監督が芸術表現の根底に迫る。

作品写真

水俣病ビデオQ&A/水俣の子は生きている/鬼塚 巌 作品

監督:佐藤真/土本典昭/鬼塚巌
シグロ+水俣フォーラム、日本テレビ、新日窒労組8ミリグループ/1996、1965、1968〜73/本編合計137分

「水俣病ビデオQ&A」歴史と現在を解説。構成:佐藤真。「水俣の子は生きている」土本典昭が初めて水俣に向き合った秀作。「水俣病T」他。チッソ労働者、鬼塚巌の貴重な記録。【6作品同時収録】

作品写真

水俣病 ビデオQ&A

監督:佐藤真
青林舎・シグロ/1996/30分

水俣・東京展の展示企画として制作されたこの作品は、水俣病に関わるあらゆる映像を駆使して、水俣病の「現在」を多層的に問いかける。

作品写真

阿賀に生きる

監督:佐藤真
阿賀に生きる製作委員会/1992/115分

新潟水俣病の舞台ともなった阿賀野川流域に暮らす人々を、三年かけて記録したエンターテインメント・ドキュメンタリーの傑作。1992年度キネマ旬報日本映画ベストテン3位。